[医師会概要]

亀山市は三重県の北部に位置し、鈴鹿山系の豊かな自然に恵まれ、江戸時代には東海道五十三次の四十六番目の宿場町として、また街道の押さえの城下町として大変栄え、その風景は安藤広重などの風景画「東海道五十三次」にも描かれています。
近代に入り、国道一号線や名阪国道、JR関西線や紀勢腺の通過する交通の要衝のまちとして、また中部圏と関西圏の中間に位置する特性を生かした内陸型工業都市として今日に至っております。

雪晴:歌川(安藤)広重



亀山医師会 設立経歴
昭和22年11月18日 社団法人 鈴鹿郡医師会 設立
  当時の理事
 櫻井栄一氏 中西和生氏 中原重治氏 大井正雄氏 豊田一長氏
※その後
 黒田重英氏 成田正次氏 堤清太郎氏 田中矩夫氏 佐藤二雄氏
 各氏が交代されている。
 事務所は、中西病院で

昭和29年10月21日 総会の決議により名称の変更
「社団法人 亀山医師会」とすることとし、同年9月27日に登記された。

昭和31年3月20日 事務所を 亀山市西丸町539番地 田中病院に移転

昭和63年4月1日 事務所を 亀山市本町二丁目6-26へ移転

平成10年12月19日 事務所を 亀山市本町二丁目6-19現在地へ移転
現在に至る。

役員
会 長 宮村 吉麿
副会長 曽我 俊彦
落合 仁
理 事 山本 隆
中村 郁哉
田中 英樹
高橋 好夫
田中 秀虎
監 事 松葉 務
川口 篤