[会長ご挨拶]

 亀山医師会は市民の皆様の医療・介護・予防・生活支援・環境を五輪の花と考え、他職種連携の和を持って活動しております。
 医師会事業として、日曜祝祭日年末の一次救急を亀山医師会員が担当しております。予防啓発活動として「亀山学校」を通して医師会会員先生の市民講座を開いています。平成26年4月より在宅医療システム「かめやまホームケアネット」が始動しました。平成23年12月から健康情報誌として「新しらとり」年数回発行しています。市内医療機関や保健センターあいあいに置いてありますのでご覧になって下さい。
 地域の皆様が安心して暮らせるように努めてまいりますので、ご支援ご協力をお願い致します。


医師会の活動
 医師会では、救急医療への協力をはじめ、乳幼児健診、学校検診、予防接種、産業医活動、特定健診、特定保健指導および介護認定等の活動にかかわっています。また、予防啓蒙活動である“亀山学校”をとおして、亀山医師会会員先生の市民講座を開いています。なお、毎月の休日の当番医療機関は、毎月の広報に掲載されていますのでご参照して下さい。


医師会の遍歴
 亀山医師会は、昭和22年11月18日に設立されました。
 平成23年9月に、亀山医師会館を亀山市本町に、新設いたしました。
 現在の会員数は、全体で48名となり、亀山市の地域医療のあらゆる分野で活動をしています。


落合 仁